名場面

ボクシング部
動画
2021/12/12
中央大学出身「岡澤セオン」が世界ボクシング選手権で日本人初の金メダル獲得!(突撃インタビュー)

中央大学出身「岡澤セオン」が世界ボクシング選手権で日本人初の金メダル獲得!(突撃インタビュー)

  • シェア
  • Tweet
  • お知らせ詳細

 11月5日にセルビア・ベオグラードで開催された「2021AIBA世界ボクシング選手権大会」において、

「岡澤セオン」(H30年 中央大学 法学部卒、ボクシング部)が日本人初となる金メダルを獲得しました。

 7月の東京五輪では金メダリストとなったイグレシアス(キューバ)に僅差で判定負けして2回戦敗退

でしたが、今回の世界選手権では自分のボクシングを信じてやりきって栄冠を獲得しました。

 かつて、中央大学には日本人として初めて五輪でメダルを獲得した田辺清(ローマ銅)と日本人初の金

メダリストに輝いた桜井孝雄(64東京)の二人の勇者がいました。田辺、櫻井二人の中央大学五輪メダリ

スト以来57年後に岡澤セオンが日本人初の世界選手権金メダル獲得の偉業を成し遂げました。

 

〔※〕名場面一覧用サムネイルは「日本テレビ系Nippon News Network〔NNN〕 写真AFP/アフロ」を引用しています。

↑